転職活動中に職場で気をつけていた事3つ【要注意】

仕事/効率化

こんにちは、しょんです。
今日は転職活動中の職場での過ごし方について書きます。

転職活動はノーリスクで出来るので
少しでも現職に不満があるのであれば、1度チャレンジしてみれば良いですが
転職活動をしている事を会社にバレた時、大きなリスクとなります。

しょん
しょん

転職活動をして、
転職しないという決断をすることもあるからね。

会社に転職活動がバレた場合、会社での評価は間違いなく下がります。
そうすると、出世が遅れてしまい、生涯年収にも大きく影響していきます。

転職活動をしていると、職場でもそぶりが出てしまうケースがあるので
この記事を読んで、自分は当てはまっていないか見て頂けると嬉しいです。

早速ですが、本題に入りますね。

スポンサーリンク

その①:同僚に話さない

これは基本中の基本ですが、
軽い気持ちで同僚に話してしまい、バレるケースです。

しょん
しょん

僕の感覚では、
このケースでバレるのが一番多いよ!

決して、同僚があなたをはめようと思ってしゃべるわけではないのです。

ちょっと昼休憩で喋っているとき、、
ちょっと飲み会で話しているとき、、
ちょっと久しぶりの人とすれ違ったとき、、

ほんのちょっとの心の隙ができたときに、ポロっと喋ってしまうのです。

だから、どれだけ信じている同僚でも喋ってはいけません。

自分が喋った相手から、職場にバレた結果、出世が遅れても
何も文句を言わない自信があるなら言ってもいいですけど、
僕は話さないほうが良いと思いますよ。

しょん
しょん

関係を悪くする可能性のある事を
する必要が無いもんね。

転職の話は職場の同僚ではなく
学生時代の友人などに話しましょう。

その②:仕事中、やる気を見せる(やる気があるフリだけでもする)

転職活動中は仕事が終わった後もパワーを使います。

しょん
しょん

企業を探したり、経歴書書いたり
テスト受けたり、、、

そうすると、仕事中にやる気が無くなってきます。

自分ではやる気満々で仕事をしているつもりでも
周りから見ていると、意外と疲れが見えているものです。

しょん
しょん

僕の場合、後から聞いた話だけど、
転職活動中はやる気なさそうに見えていたらしい。

転職活動中は”他の会社へ関心がある状態”なので、
ある程度しょうがない事だと思います。

繰り返しになりますが、転職活動をすることはノーリスクです。
でも転職活動をすることによって、職場での評価が下がるような行為はマイナスです。
やる気が無い(ように見える)状態はマイナスな要因なので、意識的にやる気を見せましょう。

手っ取り早く、やる気がある(ように見える)方法は以下の二つです。

やる気があるように見える行動
☑大きな声で話す
☑ハキハキ・しっかり喋る

誰でも出来ることなので、転職活動中は特に意識しましょう。

その③:携帯を見すぎない

転職活動中は携帯にメールがたくさん来ます。

案件の紹介、選考の進捗
企業からのFB、リクルーターからのアドバイスなど

しょん
しょん

色んな種類の連絡があったなぁ

特に選考が始まると、
選考結果が気になりすぎて、携帯をこまめに見てしまいます。

この行為から転職がバレるのです。

理不尽な事を言うかもしれませんが、
”転職活動をしている”と思われた時点で、負けなのです。

しょん
しょん

評価は人がするものだから
印象が重要だよ。

だから、携帯を見すぎないようにしましょう。
携帯を見るときは、トイレに行くのが良いと思います。

まとめ

☑同僚に話さない
☑仕事中、やる気を見せる(やる気があるフリだけでもする)
☑携帯を見すぎない

全部、簡単に出来ることです。

誰でも出来ることだけど、
出来ていないからバレている人がいる事実を知っておいてください。

転職活動は大変パワーを使う事です。
今転職活動中のみなさん、頑張ってください。

遠くから応援しています。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました