【転職】銀行から転職する前に悩んでいた3つの理由

仕事/効率化

こんにちは。しょんです。
今日は僕が銀行から転職する前に悩んでいた3つの理由を書きたいと思います。
転職することに悩んでいる人がいれば、僕と同じ悩みを持っているのではないかと思います。
銀行からの転職に限らず、誰かのためになれば嬉しいです。

それでは早速ですが、結論から書きますね。

  • 世間体が気になった
  • 給与水準が下がるのではないか
  • 名前も聞いたことがない会社で働くという不安

どれもありきたりですよね。笑
でも本当に悩んでいたんです。

この悩みに対して、僕なりの回答を書きたいを思います。
正解なのかはわかりませんが、僕なりの解決の仕方が誰かのためになればと思います。

その1:世間体が気になった

まずは世間体ですね。
表面上は、世間体なんてどうでもいいじゃん!って思っていたものの、
実際に転職するという行動を移す時には、世間体というものを考えてしまっていました。

銀行は誰もが知っている企業だし、給料もそこそこ、年配の方からのウケもいい。
だからこそ、この現状を捨てなきゃいけないという気持ちが邪魔をしていました。

これに対する僕の結論はですね
世間体を捨てても何も変わらない”と自覚することです。

実際僕が転職したての頃は周りから”もったいない”とかよく言われました。
でもね、1年半経った今では誰もそんなことは言いません。

結局、周りも慣れてきます。
転職しても何も変わらなかったのです。

世間体なんで気にする必要はなかったのです。

その2:給与水準が下がるのではないか

給与水準も悩みました。
銀行はそこそこ給与がいいと思います。(もっといいところは山ほどありますが、)

転職すると”給料が下がる”という漠然とした不安がありました。
ただ、あくまで漠然とした不安なんです。

これを解消するは簡単でした。
自分の支出を把握するだけです。

僕がやったのは毎月必要な金額を計算して(自由に使えるお金も込みで)
年間に必要な給料がもらえる会社以外は、応募をしないということだけです。

転職する前に給与が下がるという不安を持つ人の大半は、漠然とした不安と思います。
だからこそ、”自分の支出をしっかり把握する”ことを意識してみましょう。

支出の考え方は、また別記事にしたいと思います。

その3:名前も聞いたことがない会社で働くという不安

これは銀行員あるあるです。(だからこそ、公務員への転職が多い気がします、、)
そして僕は安定志向の人間なので、ここに対する不安は大きかったです。

銀行で法人のお客さんを担当していると、色んな企業の財務状況を知ることができます
世の中には見た目以上に”儲けている企業”と”儲けていない企業”があります。
色んな企業を知れば知るほど、知らない企業に就職することがリスクだと考えていました。

この不安に対する解消方法はですね、
自分が知ってる企業が安定しているわけではない”と認識することだと思います。

少し前だと、東京電力、最近だと航空業界全般に言えますが
何かがきっかけで、仕事がなくなるというリスクは常にあるのです。

これから先、銀行がいつまでも安定と思いますか?(収益面とかかなり悪くなってますよね)
みんなが知っている企業で働いているの安心感は、あくまで漠然とした安心感です。

まとめ

僕が銀行から転職する前に悩んでいた3つの理由はこれです。

  • 世間体が気になった
  • 給与水準が下がるのではないか
  • 名前も聞いたことがない会社で働くという不安

銀行員に限らず、転職に悩んでる方はいると思いますが、
自分が感じている不安をしっかりと認識して、それに対する答えをしっかり考えると良いと思います。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。
これかも更新していきますので、よろしくお願いいたします

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました