【仕事】チームで成長するための3つの考え方

仕事/効率化

こんにちは。しょんです。
そろそろお仕事が始まった方も多いのではないでしょうか?

私もいよいよ、仕事モードに切り替えます。
こんなタイミングなので、仕事の話を書こうと思います。

僕にとって仕事はチームスポーツと一緒と思っています。
唯一、スポーツと異なる点は、「仕事が嫌いな人もいる」ということです。

僕も仕事が大好き!ってわけではありません。
10億円あたったら、仕事はやめます。笑

でもどうせ仕事をするのであれば、楽しみたいじゃないですか。
そして僕は、個人のスキルの成長より周りの人の成長とか風通しの良い職場にするほうが好きです。
だから、チームスポーツと考えて、どうやったらうまくいくかとかを考えています。

前置きが長くなりましたが、
「仕事が嫌いな人もいる」という前提で、チームで成長するための3つの考え方を書きますね。

スポンサーリンク

ケース1:「仕事ができない人がいる」→

答え:その人にあったやり方を与えられないチームの責任

これを聞いて、「自分は仕事を与えるポジションでもないし無理じゃん」って思う人がいるかもしれません。

でも、僕が伝えたいのは、部署を変えるとか業務を変えるという大きなことではありません。
もう少しスケールを小さくして考えましょう。
変化とは小さなことの積み重ねだと思います。

僕が働いている会社の場合は、数人で集まって、何に困っているのかとか
どんな業務でうまく行かないのかというのをミーティングをします。

このミーティングは僕がやりたいと上司に相談して、定期的にやるようになりました。

その時にどうやって仕事をしているかを確認しますが、
本人に話を聞いても、真偽がわからないので実際に仕事を見ます。
(もちろん、自分が相談する場合も沢山あり、仕事を見てもらっています)

その中で、やり方が悪いと思う部分についての改善案などを洗い出し、
業務のやり方を改善するようにしています。

一見、大人数で1人の仕事の改善をやっているため、効率が悪いように思えますが、
仕事の進め方にもコツのようなものがあって、コツをつかんだ人は仕事の効率が上がるようになります。
(上司にこの活動を納得してもらうのにはかなり苦戦しました。笑)

また、他の人の考え方、仕事の進め方を聞く機会が増え、
自分の仕事の改善の場でなくとも、非常に勉強になります。

僕は管理職でもないですし、当然人事権もありません。
きっと同じような人が多いと思います。
でも小さいことなら変えられます。

あなたの近くにいる「仕事のできない人」は本当に仕事のできない人なのでしょうか?

その2:「報・連・相ができない人がいる」→

答え:前提として信頼関係を築いていますか?

大前提として、「報・連・相」は社会人であればするべきです。
でも、できない人もいるのです。
その事実をしっかりと認識しましょう。

僕が思うに、「報・連・相」ができない人は本当に出来ないのではなく、
「報・連・相」をする相手が遠い存在であったり、怖いと感じさせてしまっていると思います。

こういった人に対して、信頼を得るためにはどうしたらよいのでしょうか。

そもそも信頼というのは抽象的な表現ですが、僕は安心感と思います。
例えばですが、
いつ話しかけても優しく話してくれる、とか
相談すると的確な答えが返ってくる、とか
何かトラブルがあったときは守ってくれるなど
安心感の出し方は様々と思います。

もちろん色んな側面での安心感があればいいのですが、いきなり全てを身に着けるとこは難しいと思います。
出来ることから少しづつやっていきましょう。
たぶんですが、いつでも優しく対応するというのが一番即効性が高いと思います。

信頼関係を高めるのは時間がかかります。
また、人によって信頼関係が深まりやすいシチュエーションがあると思います。
これは試行錯誤しかないと思います。

その3:「やる気がない人がいる」→

答え:少しでも職場を楽しくする工夫をしていますか?

やる気が出ない気持ちは僕もわかります。
でも仕事は拘束される時間が長く、一日の大半を仕事が占めている人も多いと思います。

そんな仕事の時間を「やる気がない」状態で過ごすのは持ったないと思います。
だから職場でやる気のない人を見ると何とかしてあげたいなと思うんです。

そこで僕が思ったのが、
自分が友達と遊んでいるときや、ゲーム、運動をしているときは「やる気が出ない」という状態がないという事でした。

つまり、自分が楽しい状態の時にはやる気がでるということに気づいたのです。

仕事自体を楽しくするというのは難しいですが、仕事をする雰囲気を楽しくすることは可能と思いました。

だから、僕は仕事中もコミュニケーションを重視しています。
雑談も無駄とは思っておらず、チームの人が好きな物や話題を話してみたり、
人として相手を好きになるように努力しています。

やり始めの頃は、雑談の時だけ楽しそうにしていましたが、
職場に来ることが楽しみになってくれ、仕事も楽しそうにしてくれるようになります。

個人的に、仕事は結局人間関係なんだなって思っています。

まとめ

ここでは上手くいった事しか書いていません。

当然ですが、色んなことをやるうえで、沢山失敗しています。

最初は上司にめんどくさがられたりしていましたし、
効果が出なかったときに「だから意味無いと言っただろ」と言われたこともあります。

でもやってみないと答えはわからないし、言われたことだけやる仕事ほどつまらないと思います。

僕の場合は、みんなで成長していく職場にしたかったから、チームで成長するための努力をしましたが個人のスキルをトコトン伸ばしたい人はそのために何かやるのでもいいと思います。

自分自身がどんなことを好きなのか、心の声を聴いてみてください。
そしてどんどんチャレンジしてみてください。
僕も色々チャレンジしてみたいと思います。

ここまで読んでいただいたき、ありがとうございました。
ブログもチャレンジの1つです。
失敗してもいいから、やっています。
今後も更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました