20代・30代サラリーマン向け、日本株の高配当銘柄をおすすめする2つの理由

資産運用

こんにちは、しょんです。
今日は投資についての記事になります。

20代・30代サラリーマンの投資初心者向けにおすすめの記事です。
日本株の高配当銘柄の魅力について書いていきます。

みなさん
みなさん

なんで”20代・30代サラリーマン”向けなの??

しょん
しょん

今から説明するよ!

この記事のおすすめの対象者
20代・30代のサラリーマン(年収が低いサラリーマンであれば年齢は問いません)

この記事で学べる事
投資初心者が日本株の高配当銘柄を選択する事のメリットを学べる。
日本株を購入するときに注意することを学べる。

早速ですが、本題に入ります。

おすすめ理由①:低所得者は税金を抑える節税ルールがあるから

配当金には約20%の税金がかかります。

例えば、25歳から10年間で配当金を合計50万円受け取った場合、
そのうち10万円程度は税金で持っていかれるのです。

20%って結構厳しいね

但し、低所得者の場合、確定申告で配当控除を申告することで
所得税部分の約15%が戻ってくるのです。

しょん
しょん

所得によって、還付される金額が変わってくるよ!
色々なケースがあるけど、
独身で年収550万円ぐらいであれば、
15%戻ってくるケースが多いよ!


会社でのポジションが上がって、年収が上がってくると
配当控除のメリットは無くなってしまいます。

年収が低い人向けの節税制度があるのであれば
それを活用しない手はないですよね。

おすすめ理由②:”今”使えるキャッシュ(配当)を生み出してくれるから

株式投資は資産を増やす目的で始める人が多いと思います。

若い人は手元のキャッシュが少ないので、
株式投資をすることで、”今”使えるキャッシュが少なくなってしまうのです。

しょん
しょん

資産を増やすために
今の生活が苦しくなる矛盾と
向き合わないといけないんだね。

また、20代・30代の人は
環境変化(結婚・出産・転職・マイホームの購入などなど)が多く
手元にキャッシュが欲しい!と言うケースが出てくる可能性があるのです。

だからこそ高配当銘柄を買う事で、毎年安定したキャッシュ(配当)を受取り
日々の生活を楽にすることを目指すという選択をおすすめしています。

仮に、配当利回り5%の銘柄の株式を240万円購入出来たら
年間12万円(月1万円)の配当を受取ることができるのです。

しょん
しょん

いきなり、240万円は難しいけど
数年かけてコツコツ投資したらいいんだよ!

日本株を購入する際に注意する事

日本株は原則、100株単位でしか買えません。

仮に株価が1000円の企業の株を買おうとすると
1000円×100株=10万円の資金を必要とするのです。

みなさん
みなさん

10万円は高額だし、抵抗があるなぁ

投資の基本は分散投資です。
投資初心者は特に分散投資が重要で、
複数に分散することで、リスクを減らしながら投資を始めましょう。

でも、株価が1000円の会社を10銘柄購入しようと思うと
1000円×100株×10銘柄=100万円必要になってしまうのです。

しょん
しょん

そんな金額現実的ではないよね。
でも安心してね。

投資初心者にとって多額の投資をするのは抵抗感があると思います。
だから少額投資ができる証券会社を選びましょう。

私がおすすめする証券会社はSBIネオモバイル証券(ネオモバ)です。
なんと、ネオモバは1株単位から購入出来るのです。

しょん
しょん

それなら、分散投資も可能だね!

それだけでなく、
普段のお買い物で貯めたTポイントを使って株が買えるので
Tポイントを貯めている人は、ポイントで投資を始めることも出来ちゃいます。

ネオモバはサービス利用料(月額)が掛かりますが、
(※月間の株式取引約定代金が50万円以下の場合は220円)
Tポイントが毎月200ptもらえるので、
少額投資を始めたい人は低コストで始められちゃいます。

しょん
しょん

まさに、投資初心者向けの
証券会社なんです!!

申し込みは下記バナーをクリック!
↓↓↓

SBIネオモバイル証券 口座開設

まとめ

20代・30代サラリーマンにとって
日本株高配当銘柄を購入して、節税&手元のキャッシュの増加を狙う
という選択は非常にアリだと思います。

少額で投資を始めて、
慣れてきたら米国株などにもチャレンジすると良いと思います。

しょん
しょん

日本円・日本株だけで資産を持つのは
リスクが大きいからね。

何を始めるタイミングでも、最初の一歩は勇気がいります。
周りと比べずに自分のペースで投資を始めてみましょう!

SBIネオモバイル証券 口座開設

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました