【投資】マクドナルドの優待券が欲しくなった結果、商社株を買いました。

資産運用

こんにちは、しょんです。
久々に投資の記事を書きます。

最近、株が高止まりしていると思っているので
投資の動きはほぼありませんでした。

しょん
しょん

長期保有の米国株を少額購入は続けているけど、、

僕は長期資産形成を目的としているため
今の時期に大きく投資をするべきではなく、来るべきタイミングで(暴落時)
大きく仕込めるようにある程度現金を貯めるべきだと思っています。

今回、僕は商社株を買いましたが、
これは資産形成を目的とするものではなく、
マクドナルドの優待券が欲しいという目的のために買ったものです。

しょん
しょん

だから、資産形成のための資金ではなく
旅行とか遊びに使う余剰資金で買いました。

今回の記事で伝えたい事が1つあります。
経緯に興味が無い人は、
目次の”この記事を通して伝えたい事”だけでも読んでくださいね。

なぜ、マクドナルドの優待券が欲しいのに
商社株を買ったのか、書いていきますね。

スポンサーリンク

僕はマクドナルドが無性に食べたくなった

僕は普段マクドナルドにはあまり行かないのですが、
たまに無性に食べたくなる時があるのです。

たぶんですが、
小さい頃は、マクドナルドが好きだったので
そのころから馴染みがあって、思い出半分で食べたくなるんです。

でも正直に言うと、
マクドナルドのセットって結構高いので
他のお店でご飯を食べたほうが、食に関するの満足度”が高いんです。

しょん
しょん

でもマクドナルドが食べたくなるだよな~

つまりですね、
マクドナルドって理屈じゃないんです。
何故か、行きたくなる場所なんです。笑

優待券目的の投資をしている人は知っているかもしれませんが
マクドナルドの株を100株持っていると、半年毎に6枚の優待券が貰えます。
年間12枚もらえるので
月に1回マクドナルドに行って優待券で好きな物が食べれちゃいます。

理屈ではマクドナルドじゃなく、別のお店の方が
満足度が高いよなって思っていますが、
マクドナルドに理屈抜きで行きたくなったときに
優待券を持っていれば、”優待券を持っている=行く理由”
になるんじゃないかと思ったんです。

みなさん
みなさん

いや、その理屈は意味わからん

こういう謎な理由で、
僕はマクドナルドの優待券が欲しくなったのです。

よし、マクドナルドの株を買おう!←ほんとにそれ正しい??

とりあえず、マクドナルドの株価を見ました。
だいたい1株5100円~5200円だったので、100株で50万円ぐらいです。

また、マクドナルドは配当金も出しており
年間で1株36円の配当実績があったので
100株×36円=3600円
税金がざっくり20%なので2880円が現金としてもらえるイメージでした。

しょん
しょん

細かい事を言うと、
配当金控除があるけど割愛!

つまり、大体50万円の出費で
月に1回マクドナルドで好きな物を食べれる権利
+年間2880円ぐらいのお小遣いが貰えるという感覚です。

そして株を売却するまで(そしてマックが優待と配当を辞めるまで)
この権利はずっと続きます。

しょん
しょん

普段から投資をしない人だったら
結構お得かなって思う人もいるのかな?

結論から申し上げますが、
僕にはあまり魅力的には見えませんでした。

優待券をチケットショップで買ったらいくらになるんだろう?

チケットショップに行くと、
マクドナルド優待券は結構売っています。

時期とか場所によって値段は変わりますが、
6枚で3500円ぐらいで買えそうでした。

1年分(12枚)買うためには7000円必要です。

上記にも書いた通り、
マクドナルドは配当金(2880円ぐらい)を出します。

マクドナルドの株を買うと
50万円(100株)で毎年1万円相当のプレゼントをくれることが分かりました。
優待券(7000円)+現金(2880円)=約1万円

逆に考えると、マクドナルドの株じゃなくても
年間1万円程度の配当金を貰えるところの株を買って
その現金で優待券を買えばいいのです。

スポンサーリンク

そこで気になった株が総合商社株(三菱商事)でした

僕は資産形成目的であれば、米国株を買っています。

今回はマクドナルドの優待券を買う事が目的なので
配当金を日本円で欲しいこともあり、日本株で銘柄を探しました。

なぜ、総合商社株を選定したかと言うと、
なんとなく応援したいからです。笑

しょん
しょん

今回資産形成目的ではないので
そこまで財務分析などはしていません笑

そもそも、総合商社というジャンルは日本だからこそ発展した業界です。
5大商社と呼ばれる商社は世界規模でも圧倒的な上位を占めています。

商社のビジネスモデルはトレーディングと事業投資です。
5大商社の事業は他分野にわたっており、事業としてのリスク分散が
しっかりと出来ているように感じます。
(とはいえ、資源分野依存は否めませんが、、)

世界全体が成長傾向に進んでいけば、
総合商社も成長傾向に進んでいくかなと感じています。
(日本だけ取り残されても、総合商社は残っていくと思っています。)

僕の友人にも総合商社に勤める人が何人かいますが、
みんな、エネルギーがあり、優秀な人ばかりなので
しっかり稼いでくれるんじゃないかと思っています。笑

しょん
しょん

会社単位でも人単位でも
稼ぎそうな人に投資をする。
それが基本だね。笑

その中で、三菱商事を選びました。
勢いだけで見れば伊藤忠商事の方がいいかもしれませんが
長期的目線で新興国の発展とともに資源分野の成長が見込めると感じているので
三菱商事の方がいいかなーと思いました。
(じゃあ、資源分野に強い、三井物産でしょっていう意見もあると思います。)

でも、正直去年の9月ぐらいに
投資の神様であるバフェットが総合商社株を買った報道があったことや
今の市場が全体的に株高であることもあり、株価は高めだなって感じます。
でも、マクドナルドの優待券の為に買っちゃいました。

三菱商事の株を買ったら、どのぐらいの配当金が貰えるのか

だいたい1株3000円~3100円だったので、100株で30万円ぐらいです。

前回は年間で1株134円の配当実績があったので
100株×134円=13400円
税金がざっくり20%なので10720円が現金としてもらえるイメージでした。

マクドナルドは50万円で約1万円のプレゼント
三菱商事は30万円で約1万円のプレゼント

これで、僕の目的であるマクドナルドの優待券が買えそうです。笑

基本長期保有なので、
何十年後に今以上の株価になっていると嬉しいです。笑

この記事を通して伝えたい事

日本では優待券目的で株を買う人が多いです。

でも、優待券を貰うためにその株を買うのが良いのか
一度考えて欲しいのです。

別の会社の株を買って配当金を貰い、優待券を買うことも出来ます。
成長著しい株を買って、株価上昇後売却した利益で、優待券を買う事も出来ます。

”他の方法もある”という事を頭に入れて置いてもらえると
この記事を書いた意味があるかなと思います。

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました