【考察】真面目と言われる本当の意味

雑記

こんにちは。しょんです。
今日は”真面目”について考えたいと思います。

僕はもともと、真面目な方だと思いますが昔から真面目と言われたことは少ないです
真面目なのに、何故真面目と言われないのか考えたことがあり、今回はこれを整理します。

その結果、僕の個人的な考えでは”真面目”という言葉にはトゲがあります。
※あくまで個人的な考えです。
僕は幸運にも”真面目”と言うトゲに刺さることは少なかったです。

早速ですが、内容に入っていきますね。

スポンサーリンク

真面目と言われて嬉しい場面

☑学校の先生(中学生ぐらいまで)
☑家族
・・・・以上

しょん
しょん

え、これだけ??

はい。僕が思う真面目と言われて嬉しい場面は学校と家族だけです。
この場面で言われたとき、僕は純粋に嬉しい気持ちになりました。

しかし、他の場面での真面目と言うのにはトゲを感じます。

例えばですが、会社で真面目といわれる人は評価されている人でしょうか?
真面目な人という言葉の裏側には、何か足りないという言葉の含みがあるような気がします。

しょん
しょん

確かに、仕事のできる人は真面目な人が多いけど、
真面目って言われてないような気がする。

真面目なことは素晴らしことだと思います。
でも、真面目と言われることは嬉しくないのです

じゃあ、真面目と言われる人はどんな人を指すのでしょうか。
次で考えてみたいと思います。

真面目と言われる人とは

僕が考えるに真面目と言われる人とは、、

☑言われたことをちゃんとやる人

これに尽きます。
もう少し踏み込んで考えると僕の結論に結びつきます。

それは受け身だからです。

先に語弊がないように言っておきます。
言われたことを守ることは素晴らしいことです。

でも、言われたことはすべて正しいのでしょうか?

しょん
しょん

それは、違うと思う。

何が正しくて、何が間違っているかはわかりません。
真面目と言われる人は、わからないから、言われたことを守るのだと思います。

真面目だけど、真面目と言われない人は
おそらくですが、自分の考えを持って行動しているのだと思います。

真面目とは言われる人と言われない人が、同じ行動をしていたとしても、
自分の考えを持って行動している人は真面目とは言われないような気がします。

つまり、真面目とは言われる人は受け身であって、能動的ではない(可能性が高い)
(※個人的な意見です)

まとめ

今日の内容はかなり偏った意見です。
そのため、あくまで個人的な意見の一つとして捉えてください。

ただ、もし真面目とは言われる人で、心当たりがある人がいれば、
この記事をきっかけに、能動的に考え、行動するようにしてみてください。

能動的になる1番簡単な方法は自分の心の声を聴くことです。
ここは、また別記事で書こうと思います。

誰か1人でもタメになったと言ってくれる人がいたら嬉しいです。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました