忘れたくない瞬間は、香りと結びつけると、一生忘れなくなる。

雑記

こんにちは、しょんです。

人間って忘れてしまう生き物ですよね。
一方、いつまでも覚えている記憶もあるわけです。

例えば、試験の合格、卒業式、海外旅行、など
人生の節々の一大イベントは覚えている傾向にあると思います。

しょん
しょん

確かに、大きなイベントって
いつまでも覚えているなぁ

今日書きたいのは、こういう大きな出来事ではなく、
何気なく、日々幸せな時間過ごしているときの感覚を忘れないようにするアイデアです

早速ですが、本題に入りますね

スポンサーリンク

匂いが、記憶を思い出すトリガーになる

こういう経験はありませんか?

☑金木星に匂いが香ると、彼女とのデートの瞬間を思い出す
☑牧場の匂いがすると、子供の頃に遊んだ瞬間を思いだす
☑魚の匂いがすると、アユのつかみ取りをしたキャンプを思い出す

誰もが一度は、
ふわっと香ってきた匂いがきっかけで、昔の記憶を思い出した経験があると思います。

しょん
しょん

僕は匂いがきっかけで
昔の事を思い出すことがよくある!

脳科学的にも嗅覚と記憶は密接に結びついていて、論文も沢山出ています。

諸説ありますが、
視覚と記憶の結びつきよりも、嗅覚と記憶の結びつきの方が強いそうです。

だからこそ、忘れたくない時間を過ごしていると感じているのであれば
匂いの力を使って、忘れにくくできるんじゃないか!と言うのが僕の提案です。

しょん
しょん

意図的に、忘れにくい環境を作ろうという事です

どうやってその環境を作る?

僕の場合は幸せを感じた時や、
楽しい予定がある時に”お香”
を焚きます。

このお香のシリーズは
優しい香りが多く、長持ちするので、とてもおすすめです。

僕が使うシーンの一例をあげると

☑ぽかぽか陽気で心地よい風を感じているとき
☑キャンプで、みんなで楽しく談笑しているとき
☑フットサルが終わった後の帰りの車

いつ使ってもいいんです。
今回の目的はお香で癒される!って言うのが目的ではありません!

しょん
しょん

もちろん、いい匂いは癒されるけどね


今回の目的は幸せを感じる瞬間と香りを結び付ける習慣を作ることで
何十年後たった後でも、その時の香りをかげば記憶が鮮明に思い出せるようにすることです。

だから、幸せを感じたタイミングでどんどんお香を焚きましょう。

まとめ

今日は、”香り”をうまく利用することで、
何気ない日々の幸せな瞬間を、いつまでも残しておけるんじゃないかと言う提案でした。

僕も幸せな時間にお香を使うようになって1年ぐらいなので
結果が出てくるのは何十年後になるかわかりません!笑

でも、”お香”そのものが、いい香りなのでリラックスできます。

しょん
しょん

色々使っていると、
好みの香りが出てくるよ!

繰り返しになりますが、人間は忘れる生き物です。

でも、忘れたくない時間はたくさんあると思うので
忘れないためのチャンレンジをしていきましょう。

上手くいかなくてもいいんです。
とにかく一歩、行動に移してみましょう。

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました