【投資】株高の時、投資初心者がするべきこと3つ

資産運用

こんにちは、しょんです。
最近、株高がニュースでも取り上げられるようになりましたね。

僕も株高の恩恵を受けていますが、また下落していくこともあると思いますので
その時に備えた準備をしております。

これから投資を始める人や投資初心者が今やるべきことについて書きました。
どれも重要なので、最後まで見て欲しいです。

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク

その1:少額投資を継続する。もしくは少額投資を始める

株の原則は”安いときに買って、高いときに売る”です。
そう考えると、このタイミングで購入するのは悪手!と思う人も居るのではないでしょうか?

しょん
しょん

頻繁に株高って言われているし、下がったら損しちゃう!

それでも、少額で買い続ける必要があると思います!
その理由は以下の2つです。

2つの理由
☑長期的に見て、今が株高とは限らない
☑人の心理として、相場の良いときは注目されて、悪いときは忘れられるから

①長期的に見て、今が株高とは限らない
一番の理由はこれです。
そもそも、株高と言われているのは、過去との比較です。

長いスパンで考えた時に、株価は上昇傾向にあります。
”今の株価が実は安かった”となる可能性は十分にあるのです。

しょん
しょん

バブル期には日経平均も38000円台まで上がったしね

ただし、今の株高は実体経済と乖離があると思います。
実体経済と乖離がある株高は続かないと思っていますので
短期的目線で考えた場合、株価が下落する局面は来ると思います。

下落する可能性の方が高いと考えているからこそ、少額で買う事が重要だと思うのです。

もし、株価が上昇した場合は、
恩恵を受けることができ、下落した場合の損失も限定的になるからです。

つまり、少額買うことはリスクヘッジなのです。

②人の心理として相場の良いときは注目されて悪いときは忘れられるから
これは投資初心者だからこそ気をつけて欲しいポイントです。

株価が上がってくると、ニュースに取り上げられ、投資に対する注目度は上がってきます。
そして、下落が始まると、メディアで投資について取り上げられなくなります。

メディアで取り上げられているからこそ、多くの人が興味を持つようになります。
しかし、メディアで取り上げられる時期というのは株高の傾向が高いのです。

しょん
しょん

今、まさにこのタイミングだね

最近、投資に興味を持ち始めた人は購入タイミングに迷っていると思います。
上の話から考えると、今は購入タイミングではないと思うかもしれません。

でもよく考えてください。
今、株を購入しなかった場合、投資に対するモチベーションは維持できますか?

この株高が何か月・何年続くかわかりません。
投資をせずにこの期間、株価をチェックし続けられますか?

僕は出来ないと思います。
投資は始めることで、関心が高まるのです。

投資自体、素晴らしい仕組みなので、興味を持った段階で初めて見て欲しいのです。
ただ、株高と言われているから、少額だけにするのです。

その2:投資できる資金を準備しておく

これは簡単ですね。
これから下落局面が来たときに、追加で購入できる資金がないと
ダイレクトに損失を受けて、精神的ダメージを受けます。

こういう株高の時に、投資するための資金を準備しておいて
下落局面が来たときにその資金で追加購入するのです。

しょん
しょん

下落相場時に買うのは難しいんだけどね。

今日の話から少し脱線しますが、下落局面時に株を買うのは勇気がいります。
僕らは人間なんで、もっと下がるんじゃないかという不安に負けそうになります。
(だからこそ、毎月定額で購入することがおすすめですが、これは別で書きますね)

その3:購入候補の銘柄を探しておく

銘柄の選び方は色んな考え方があると思うので
色んなサイトをみて、自分なりの考え方を身に着けると良いと思います。

僕の場合は、なんとなく、”この業界が成長すると便利・快適な世の中になるな”
というのを想像して、業界選定をします。

しょん
しょん

投資は楽しむことも大事ですよね。
僕の場合は流行はそこまで重要ではないです。

その後は、銘柄分析をしますが、そこまで得意ではないので、ここでは書きません!笑
(一応、財務分析を重視しているという事だけ言っておきます、、)

候補の銘柄を見つけたら、定期的にチェックしておいて、安くなったらたくさん買いましょう。

まとめ

今日は投資初心者向けに記事を書きました。

今、投資に興味を持ち始めている人はこのタイミングで少し始めてみましょう。
他にも投資の記事を書いてますので是非読んで見て下さい。

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました