配当金控除を確定申告した方へ、住民税の手続きはしましたか?

資産運用

こんにちは、しょんです。
今日は配当金控除を確定申告した方向けの記事です。

今回の対象者
確定申告で配当金を総合課税し、配当金控除を利用した人

配当金控除を確定申告した方は、節税に対する意識が高いと思います。
住民税の手続きまで考えられると、
もう一歩節税対策になりますので最後まで読んでくださいね。

早速ですが、本題に入りますね。

スポンサーリンク

今回知ってほしい事

☑前提:確定申告は所得税の申告
☑住民税は、何も手続きをしない場合、確定申告と同じ申告方法で手続きされる。
☑住民税は所得税と別の申告方法で申告ができる。

しょん
しょん

今回の話は難しそうだなぁ。

確定申告は、色々話題に上がったりするので、
”配当金控除しなきゃ!”っていう意識があるんですが、
住民税申告は話題になることが少ないので、これで知ってほしいという話です。

手続きをする・しないでどう変わるの?

初めに配当金を受け取った時の税率を考えましょう。

確定申告をしない場合の税率
(※上場企業からの配当金の場合)
所得税 15.315%
住民税 5%

しょん
しょん

配当金を受け取った時の通知書に書いてあるよね。

次に整理のために、
確定申告で配当金控除を適用したときに所得税がどうなるかを確認しましょう。

確定申告した時の配当金の税率
所得税 確定申告の所得税率から10%控除

仮に、給与所得+配当所得だけの場合、
”確定申告の所得税率”は給与所得と配当所得の合算の税率になりますが、
配当金控除があるから、確定申告しない場合(15.315%)と比較して得するという話ですよね。

しょん
しょん

例えば、確定申告の所得税率20%の場合、
配当金控除があるので、配当金にかかる税率が実質10%になるってことだね。

そしてここからが本題です

確定申告した時の配当金にかかる住民税はどうなるのでしょうか?
住民税は基本的に10%ですが、住民税の配当金控除が2.8%ありますので
最終的には7.2%となります。

確定申告をしない場合の税率が5%なので、
確定申告した時の住民税の税率の方が高くなる。


確定申告をしただけの場合は、住民税の税率は高くなるんですね。
でも、最初に話した通り、所得税と住民税の申告方法は分けられます。

色々書きましたが、所得税は確定申告で配当金控除を適用、
住民税は別の申請することで5%のままという事ができるのです。

どうやって住民税の申請をするの?

☑自治体に”市民税・県民税申告書”を提出する
 ※自治体によって、別途書類提出の必要があるケースもあり。
☑わからないことは自治体に確認するのが確実

確定申告はE-taxなど電子申請できますが、
”市民税・県民税申告書”は手書きで書いて郵送が必要なケースが多いです。

しょん
しょん

僕の地域も手書きで作成、郵送が必要だったよ。

また、自治体によっては、
別に提出が必要な書類があるケースもあるので、必ず自治体のHPを見てくださいね。

期限は例年確定申告と同じで3/15のケースが多いですが、
本年はコロナもあり、延長している事が多いので、確認してみてくださいね。

申請してみた感想ですが、
確定申告のように、わかりやすいページがないので
困ったことがあれば自治体に電話をして確認するのが間違いないと思います。

まとめ

住民税申告について書いてみました。

確定申告は多くの人に認識されていますが、住民税の手続きは知らない人が多いです。

”知らない”と言うのは、損をしていると思います。
知ったうえで、する・しないの判断をしていれば問題ないと思います。

しょん
しょん

配当金の金額が少なければ、労力に見合わないから
そこは手続きするかは自分次第だね。

個人的には、1回やってみるのが良いと思います。
”知っている”と”できる”は違うと思ってますので、、
税金の勉強と言いう意味で実践してみてはどうでしょうか?

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました