【転職】事務職に求められる3つのスキル

仕事/効率化

こんにちは、しょんです。
今日も転職の話を書いていきます。

ちなみに昨日の記事はこちらです(気合い入れて書きました。笑)
【転職】実際に1ヵ月で内定を勝ち取ったスケジュール公開【体験談】

今回は営業職から事務職に転職してから思っている、
事務職に求められる3つのスキルについて書いていきます。

漠然と事務職に転職を考えている人や、事務職ってどんな事が求められるんだろうって
思っている人の参考になれば嬉しいです。

早速ですが、本題に入ります。

スポンサーリンク

その1:調整・交渉力

☑論理的にわかりやすく話すスキル
☑はっきりをモノを言える度胸

事務職って実は色んな部署との折衝が多いです。
しかも、売上を上げる部署ではないため、社内的な強く意見が言いにくい低い傾向にあります。

その中で、いろんな部署から無茶を言われることも多くあり、
①本当に必要なのかの調査②対応するための方法を検討③無理なときは断る
という事を考えていく必要があります。

この中の①②を検討するにあたって、論理的にわかりやすく話すスキル
③の際にははっきりをモノを言える度胸が必要となります。

しょん
しょん

事務職が定例的な事をすると思っていると、大変に感じるかも!

その2:女性職場への適応力

※あくまで、個人的な意見です。

☑話しやすい雰囲気づくり

事務職は圧倒的に女性が多いケースが多いです。
僕の職場も女性の方が多いです。

本当に個人的な意見になるのですが、
女性は結構周りの事をみているように思います。

その為、日頃からコミュニケーションをとり、話しやすい雰囲気づくりをしていく事が重要です。

今まで男性職場で働いていた人は最初は苦労すると思います。

その3:改善力

☑定例業務の改善

事務職は売上に直結する部署ではないので、残業に対して厳しいケースが多いです。
一方、仕事はどんどん増えていきますので、
定例業務を改善し、簡略化や自動化をしていく必要があります。

しょん
しょん

仕事は増えるのに、使える時間は増えない
これは事務職あるあるだと思う。

改善をするためには、業務の意味をしっかりと理解して必要な事そうでない
層別していく力が求められます。

また、自動化をしていくにあたってもRPAの知識を身に着けていく必要があり、
勉強・勉強・勉強の毎日です。笑

でも、この力はどこの会社でも通用するものなので
ものすごく前向きにとらえて仕事をしています。

まとめ

事務職で求められるスキルを書いてみました。

事務職は営業職に比べて”楽”という印象があるかもしれませんが
そんなことはありません。

ストレスの種類は営業職の頃とは別ですが、ストレスはあります。
でも、僕の場合は事務職のストレスの方が付き合っていけると思うので
事務職に転職してよかったなと思います。

これから、事務職に転職をしようと考えている方は是非参考にしてみてください。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました