【体験談】銀行員時代の大変だった事~印鑑編~

仕事/効率化

こんにちは、しょんです。
今日は僕が銀行員時代に大変だった事を書いていきます。

ノルマが膨大!とか飲み会の頻度が多い!とかそんな話じゃありません。

しょん
しょん

それは、他の企業でも同じだもんね

銀行独特の大変さを伝えられたらいいなと思います。
今日はその中でも印鑑にまつわる大変だった事を書きます。

これから銀行に就職を考えている人がいれば、
銀行の大変さを知ってもらえる機会になると思います。

また、銀行を普段から利用しない人は
これを見て銀行取引における印鑑の重要性を知ってくださいね。

早速ですが、本題に入ります。

スポンサーリンク

登録した印鑑でしか契約ができない。(しかも登録する印鑑が多すぎる)

普段から銀行に行く人なら分かると思いますが、
銀行では、口座開設時に登録した印鑑でしか契約等ができません。

しかも登録する印鑑は沢山あって、お客さんが覚えていないケースが結構あります。

☑日常の取引用
☑融資契約用
☑財形取引用
☑(上記のほかに実印が必要な場合もある)

これでよく困るケースが2パターンあります。
具体例を書いていきますね。

ケース1:親が作った通帳を使っているなど、銀行印がある事を知らない

これが一番多いです。

親が通帳を作って、
そのまま引き継いで使っていると取引の印鑑が分からないケースがあります。

銀行員しょん
銀行員しょん

銀行印(通常の取引印)を持ってきて下いね。

お客さん
お客さん

あー印鑑ね。わかったよ。
(取引印とかわからんけど、いつも使っている印鑑を持っていけばいいか)

~~~取引当日~~~~

銀行員しょん
銀行員しょん

じゃあ、ここに銀行員を押してくださいね

お客さん
お客さん

はーい。

銀行員しょん
銀行員しょん

あれ?これは違いますよ?

お客さん
お客さん

え?そうなの?
取引印??

これはレアなケースではなく、よくあるケースです。

サラリーマンだと、平日が仕事の人が多いので
銀行に来るために有休を使う人が多いです。

せっかくの有休を使っても、
印鑑が違うので取引ができません!ってなってしまいます。

銀行員の立場からすると、契約できる!と上司に報告していたのに
当日契約ができなくなってしまうので、上司にがっかりされます。

しょん
しょん

がっかりって言うのは
マイルドな言い方だよ。笑

一旦取りに帰ってもらうなど依頼しますが
無理なときは、お客さんの家に行ったりします。

ケース2:通常の取引印と融資印が違う事をわかっていない

これも良くあります。

法人の場合は日常から契約をしているので
間違える事は少ないですが、個人の方はこれをよく間違えます。

銀行員しょん
銀行員しょん

明日は融資の契約なので
通常の取引印と融資印を持ってきて下さいね。

お客さん
お客さん

あれ?融資印ってなんだっけ?

これであれば、その日に説明して
それっぽい印鑑を持ってきてくれれば、どれかは合います。

でも下記のケースの時は絶望です。

銀行員しょん
銀行員しょん

明日は融資の契約なので
通常の取引印と融資印を持ってきて下さいね。

お客さん
お客さん

(よくわからないけど、いつもの印鑑ね)
わかったわ!

~~契約当日~~

銀行員しょん
銀行員しょん

じゃあ、ここに融資印を押してくださいね。

お客さん
お客さん

ここに押すわね。

銀行員しょん
銀行員しょん

あれ?この印鑑違いますよ?

これも結構良くあります。
お客さんは、説明を聞き流しているパターンがあります。

これでその日に契約ができないと、一番困るのはお客さんです。
だからお客さんが本当に理解しているのか、結構しつこく確認していました。

その他の印鑑にまつわるメンドクサイ事

・印鑑がかすれたら押し直し(かすれても見えるのに)
・二重押しNG
・捨印はダメ🙅
・訂正箇所の全てに印鑑を押す必要あり

などなど、色々めんどくさいです。

1対1の契約ならそこまでややこしくないですが
複数の人がかかわる取引の場合、かなり厳しくなります。

まとめ

印鑑ってメンドクサイですよね。

最近は河野さんが押印の廃止に向けて色々やっているので
銀行の印鑑も無くなるかもしれませんね。

でも、印鑑文化がまだなくなったわけではありません。
銀行員になると印鑑取引の大変さが分かると思います。

銀行員で無い人も
銀行に行くときはどの印鑑が必要なのか確認しておきましょうね。

ここまで見て頂き、ありがとうございます。
これからも更新していきますので、よろしくお願いいたします。

それでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました